業務ハックLab

とある社内SEの備忘録的なものです。

【スポンサーリンク】

Outlook予定表でほかの人のスケジュールを確認する方法

今回はOutlookの予定表を使用したスケジュール共有の設定方法についてお伝えしたいと思います。

業務を行う上でチームメンバーのスケジュールって実はすごく重要なものになります。

マネジャーの方は部下の予定を把握する事で的確なタイミングでの指示や業務の割り振りを組み立てる事ができますし、メンバーの方は同僚の予定を把握する事でヘルプが必要なのかなども事前に予測ができます。

では早速スケジュールの共有設定方法について手順を案内していきたいと思います。

 

特定の人の予定表を追加する場合

Outlookを立ち上げたら画面左下の4つ並んだアイコンの左から二つ目「予定表」をクリックします。 

f:id:yo-yon:20200331220049p:plain

画面上部にある「ホーム」タブをクリックします。 

f:id:yo-yon:20200331220127p:plain

メニューの中程にある「予定表を追加」をクリックします。 

f:id:yo-yon:20200331220210p:plain

「アドレス帳から」をクリックします。 

f:id:yo-yon:20200331220249p:plain

アドレス帳が開くので追加したい人のアドレスを選択します。 

f:id:yo-yon:20200331220336p:plain

追加したい人の名前が表示されていることを確認し「OK」をクリックします。 

f:id:yo-yon:20200331220413p:plain

「共有の予定表」に先程追加した人の名前が表示されるのでチェックを入れます。 

f:id:yo-yon:20200331220916p:plain

予定表に追加した人の予定表が表示されれば設定完了です。

f:id:yo-yon:20200331221002p:plain

 

追加したスケジュールを自分のスケジュールに重ねて確認することもできます。

チームで仕事をするときは他の人のスケジュールと自分のスケジュールを同時に一目で確認ができるのでとても効率が上がります。

是非試してみてください。
 

免責事項